〒330-0846  埼玉県さいたま市大宮区大門町3−22−14−1  tel:048-688-6461
 お店に不在の場合、呼び出し後40秒で転送になります。長めのコールをお願いします。★

2016年06月29日

ファインモールド 新砲塔チハ 汚し

 梅雨、梅雨ですね。塗装の大敵湿気の季節であります。さて今回は楽しい汚し作業です。

IMG_5037.PNG


 先ずリベットをクレオスのマルチブラックで墨入れ。乾燥に1晩置きました。マルチブラックを拭き取り後に、同グランドブラウンにてウォッシング。その後各部を油彩やAKで埃や水垢を再現してみました。南国っぽさを再現するために紙創りを配置です。失敗箇所を隠蔽する意味もあります(笑)

 
IMG_5035.JPG


 お次は苦手な足回り。こちらは先ずAKやクレオス・ウェザリングカラーで下地を作った後に、タミヤのウェザリングセット(固形のやつ)をタミヤアクリルで溶かして筆塗り。泥が乾燥しましたら余分な泥を筆で払っていきます。少し単調なのでもう少し色を加えようかなと思います。

 そろそろ戦車に飽きて来たので、ジオラマベースの続きに移りたいと思います。ではでは〜

posted by レンタルギャラリーQUADRO at 13:24| Comment(4) | 店長の店番日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

超久しぶりに更新 1/35 ファインモールド 新砲塔チハ

 皆様今晩は。表題の通り超久々に更新です。1年近く無更新だった訳ですが、特に言い訳もありません(爆)あと模型熱が冷めた訳でもありません。強いて言うなら環境の変化であります。

 さて久々の更新にしては至って普通の内容ですが、何卒お許しを。お題はFM社チハ新砲塔であります。発売から数年は経つのでキット評については割愛します。また今回は久々に水芸をやりたいなーって感じです。では先ずベースから。↓

 
IMG_4934.JPG


 ベースはタミヤ5o厚スチロール板の積層。地面はスタイロフォームにて大まかに作製後、石粉粘土を盛り付け。地面のテクスチャーはタミヤ情景ペイント→ホルベインアクリルのローアンバー→腐葉土の再現として、紅茶とコーヒーの出がらしを水溶きマットメディウムにて固定。

 
IMG_4937.JPG


 地面の基礎表現が終わりましたら、次は川底の表現として鉄道模型用の砂利を撒きます。その後ジオラマ用の大きめな石を置いてみました。接着は何れもマットメデイゥムです。石関係だけだと寂しいので苔や水草も植えてみました。開けた部分には紙創りのジャングルセットを植える予定。あと橋はバルサで適当に製作。一応戦車が乗っても大丈夫そうに作ってみました。塗装はクレオスのウェザリングカラーにて行っております。

 
IMG_4960.JPG


 そして主役のチハ新砲塔。基本ストレート組みです。マーキングはいんちき(笑)さいたま市民らしく、氷川号としてみました。武蔵国一宮のご利益間違い無しです(きっと)。使用塗料は全てクレオスのラッカー。エアブラシ&筆塗りのハイブリッドであります。が、黄色が強過ぎで変ですね。ウォッシングで何とか落ち着かせたいところです。

 しかし梅雨で塗装が進みませんね〜。それではまた〜。



 
posted by レンタルギャラリーQUADRO at 01:59| Comment(2) | 店長の店番日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

meng 1/35 T-90

 皆様ご無沙汰しておりました。毎年恒例の猛暑の中、いきなり完成T-90です。キットはその評判通り、感動の連続。組みやすく、ハイディテールというドラゴンとタミヤの良いとこ取りって感じでしょうか。これからの新標準といえるキットかもしれませんね。

 
IMG_2538.JPG


 本キットはなんとLEDにより、シトーラ(カーテン)赤外線妨害装置が点灯します。組立当初は光が漏れないか心配でしたが、そこはさすがMENG。そのまま組み立てるだけで、殆ど漏れません。放熱用のピンの表現も特筆ものです。

 
IMG_2533.JPG


 砲塔はT-90Aと違い、ロシア戦車らしく鋳造砲塔です。溶接砲塔のA型も良いけど、私の場合低く構えた本型の方が好みですね。

 
IMG_2535.JPG


 後ろから。増加タンクは未装備としました。恐らく長距離行軍が想定されない場合は取りつけないと思われます。丸太は未塗装や単色、もしくは一緒に迷彩と数パターンありますが鋼鉄の戦車との対比を表現したかったので未塗装にしてみました。オイル汚れとかつければもっと良かったかな??

 
IMG_2532.JPG


 箱絵のポーズです。新型戦車までの繋ぎに過ぎない本車ですが、まだまだ現役に留まるみたいです。ちなみに今回の塗装は完全に私のインチキなので、参考にしないで下さいね(笑)それでは〜

posted by レンタルギャラリーQUADRO at 16:10| Comment(4) | 店長の店番日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

1/32 アカデミー F/A-18A+ ホーネット その14 塗装開始 

 皆様こんにちは。すっかり春というか初夏みたいな陽気ですね。ちなみに我が家ではパグ犬を飼っているのすが、すでにこの陽気で散歩にいくとへばってしまいます。そろそろ夜間散歩の季節ですね。

 すいません。ホーネットほぼ完成してます。作業途中の画像は撮っておりましたので、順次掲載しますのでご容赦を。

 
IMG_0290.JPG


 先ずは下地としてクレオスの瓶入りサーフェイサー1000番(グレー)を全体に吹きます。私の場合はあんまり厚く吹かず、場所によってはプラが透けて見えるくらい。その後シャドウ吹きにクレオスのウィノーブラックをパネルラインに沿って吹きました。シャドーは時折パターンや太さを変えて変化を持たせてあげます。

 
IMG_0291.JPG


 胴体後部はこんな感じ。少し規則正しい過ぎな気がしますね(汗)次作は注意します。ノズルの基部(?)は下地としてウィノーブラックを塗装後にクレオス・スーパーチタンにて塗装。実機は黒っぽいのもあればシルバーみたいな色もあり、経年変化等で変色するのかも。

 
IMG_0304.JPG


 シャドウが吹き終わりましたら、下面色(クレオス308番)でシャドウを残しつつ全体を塗装します。この時も一定のパターンで吹くとつまらないので、やはり強弱を持たせて行いました。次に上面色として337番を吹き付け。

 次に308番・337番の乾燥後に滑り止めの表現を行います。多くの作例では溶きパテの添付に表現していますが、実機の写真を見るとかなり粒子がはっきりとしています。転んだら痛そうな感じ(笑)

 そこで使用したのはグレインペイントです。地面再現用の塗料ですね。程良くザラザラで私的にはピッタリ。マスキング後に平筆でペタペタと乗せていきます。乾燥後はフィニッシャーズのカーボンブラックマットをにて塗装。

 
IMG_0321.JPG


 機首の塗り分けはフリーハンドで行いました。実機も判然としない場合も多く、こんか感じかと思います。

 
IMG_0320.JPG


 そしてハイライト(タッチアップ跡)を追加していきます。こちらは上面色・下面色にそれぞれガイアのウォームホワイトを混色したものを細吹きしました。ハイライトが終わりましたら、クレオスのウェザリング塗料(マルチブラック)で墨入れ&ウォッシング。拭き取りはガイアのフィッニシングマスターで行います。

IMG_0324.JPG


 墨入れ&ウォッシングが終わりましたら、いよいよ汚しです。油彩やエナメル塗料をターペンタインで溶いたもので再現。

 すじ状の汚れはターペンタインで湿らした平筆で油彩を、素早く優しくなるべくまっすぐに動かして再現。モアレ状の汚れはフィニッシングマスターでポンポンと叩きながら書いてゆきます。使用した色は下記になりますので、ご参考までに。

 黒いオイルリーク:油彩ローアンバーと油彩ランプブラックの混色
 茶色のオイルリーク:AKインタラクティブ・フューエルステイン、タミヤエナメルクリアーオレ           ンジ、AKインタラクティブ・ストレーキグライム

 後は先述のクレオス・マルチブラックや油彩のバーントシェンナ、油彩モノクロームチントクール、油彩テールベルト、油彩イエローオーカー、油彩メイプルスイエロー、油彩バーントアンバーなどで変化を付けております。まぁやってるうちに、訳が分からずなってきて最初の汚しが一番良かったなんてことも多々ありますので、ご注意を(笑)

 完成画像をと思ったのですが、増槽の接着剤の乾燥待ちの為動かす勇気が無いので申し訳ありませんが、次回にて掲載します。実は私の場合作業場所が3か所(自宅・事務所1・事務所2)ありまして、その日の予定によりブログPCの場所とキットや撮影場所のある場所が別々になる時があり、結構輸送がネックとなります。多分明日・明後日にはキットを運べるので、近いうちに94式6輪自動貨車と共に掲載しますです。

 それではSHSに向けてまだまだ頑張りますよ〜

 

 

 
 
posted by レンタルギャラリーQUADRO at 16:31| Comment(6) | 店長の店番日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

1/32 アカデミー F/A-18A+ ホーネット その13 HUD 脚

 お晩です。本日もホーネットの進捗をご紹介!正直完成までの作業量にちょっと唖然としておりますが前進あるのみです。ここらあたりで睡眠時間(予備兵力)の削減が必要かもしれません(焦燥)

 
IMG_0269.PNG


 現用機らしさと言えば(?)HUDかと思います。なお且つ軍用機らしさを醸し出す、模型的なアクセントかと。キットのままでも「まぁええか」と手抜きをする予定でしたが、やはりその厚みに我慢できずに作り直し。折角なのでAFVクラブの偏光コーティング済みのプラ板で製作してみました。キットのHUDを型にして切り出し、水溶きジェルメディウム+中性洗剤(少量)を流し込んで固定です。でも指紋が沢山着いてしまいましたね〜。こういうところに性格がでますね(爆)

 
IMG_0267.JPG


 次に脚達。適当にパイピングしました。130モーターを破壊して取り出したエナメル線にて施工。太い線は糸ハンダです。ホース束ねはマスキングテープでそれらしく。

 
IMG_0266.PNG


 そしてノズルです。クレオス・スーパーアイアンで塗ってみました。薄め液は先日マスト元帥より教えて頂いた、ガイア・メタリック用溶剤を使用。メタリックの立ちが全然違います(驚愕)是非お勧めです!! 

 一色だとつまらないので、クレオス・クリアースモークやガイア・クリアーブラウンを上吹き。煤にはクレオス・フラットブラック+ジャーマングレーハイライトの混色を吹き付け。実機はかなり黒っぽいのですが、やっぱり多少の色気が欲しいですよね。

 画像は撮り忘れましたが、フラップやパイロンも基本塗装を終わらせました。締切まで僅かで焦りますが、何とかなると思います(?)

 ではでは〜

posted by レンタルギャラリーQUADRO at 20:57| Comment(6) | 店長の店番日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする