〒330-0846  埼玉県さいたま市大宮区大門町3−22−14−1  tel:048-688-6461
 お店に不在の場合、呼び出し後40秒で転送になります。長めのコールをお願いします。★

2015年04月27日

1/32 アカデミー F/A-18A+ ホーネット その14 塗装開始 

 皆様こんにちは。すっかり春というか初夏みたいな陽気ですね。ちなみに我が家ではパグ犬を飼っているのすが、すでにこの陽気で散歩にいくとへばってしまいます。そろそろ夜間散歩の季節ですね。

 すいません。ホーネットほぼ完成してます。作業途中の画像は撮っておりましたので、順次掲載しますのでご容赦を。

 
IMG_0290.JPG


 先ずは下地としてクレオスの瓶入りサーフェイサー1000番(グレー)を全体に吹きます。私の場合はあんまり厚く吹かず、場所によってはプラが透けて見えるくらい。その後シャドウ吹きにクレオスのウィノーブラックをパネルラインに沿って吹きました。シャドーは時折パターンや太さを変えて変化を持たせてあげます。

 
IMG_0291.JPG


 胴体後部はこんな感じ。少し規則正しい過ぎな気がしますね(汗)次作は注意します。ノズルの基部(?)は下地としてウィノーブラックを塗装後にクレオス・スーパーチタンにて塗装。実機は黒っぽいのもあればシルバーみたいな色もあり、経年変化等で変色するのかも。

 
IMG_0304.JPG


 シャドウが吹き終わりましたら、下面色(クレオス308番)でシャドウを残しつつ全体を塗装します。この時も一定のパターンで吹くとつまらないので、やはり強弱を持たせて行いました。次に上面色として337番を吹き付け。

 次に308番・337番の乾燥後に滑り止めの表現を行います。多くの作例では溶きパテの添付に表現していますが、実機の写真を見るとかなり粒子がはっきりとしています。転んだら痛そうな感じ(笑)

 そこで使用したのはグレインペイントです。地面再現用の塗料ですね。程良くザラザラで私的にはピッタリ。マスキング後に平筆でペタペタと乗せていきます。乾燥後はフィニッシャーズのカーボンブラックマットをにて塗装。

 
IMG_0321.JPG


 機首の塗り分けはフリーハンドで行いました。実機も判然としない場合も多く、こんか感じかと思います。

 
IMG_0320.JPG


 そしてハイライト(タッチアップ跡)を追加していきます。こちらは上面色・下面色にそれぞれガイアのウォームホワイトを混色したものを細吹きしました。ハイライトが終わりましたら、クレオスのウェザリング塗料(マルチブラック)で墨入れ&ウォッシング。拭き取りはガイアのフィッニシングマスターで行います。

IMG_0324.JPG


 墨入れ&ウォッシングが終わりましたら、いよいよ汚しです。油彩やエナメル塗料をターペンタインで溶いたもので再現。

 すじ状の汚れはターペンタインで湿らした平筆で油彩を、素早く優しくなるべくまっすぐに動かして再現。モアレ状の汚れはフィニッシングマスターでポンポンと叩きながら書いてゆきます。使用した色は下記になりますので、ご参考までに。

 黒いオイルリーク:油彩ローアンバーと油彩ランプブラックの混色
 茶色のオイルリーク:AKインタラクティブ・フューエルステイン、タミヤエナメルクリアーオレ           ンジ、AKインタラクティブ・ストレーキグライム

 後は先述のクレオス・マルチブラックや油彩のバーントシェンナ、油彩モノクロームチントクール、油彩テールベルト、油彩イエローオーカー、油彩メイプルスイエロー、油彩バーントアンバーなどで変化を付けております。まぁやってるうちに、訳が分からずなってきて最初の汚しが一番良かったなんてことも多々ありますので、ご注意を(笑)

 完成画像をと思ったのですが、増槽の接着剤の乾燥待ちの為動かす勇気が無いので申し訳ありませんが、次回にて掲載します。実は私の場合作業場所が3か所(自宅・事務所1・事務所2)ありまして、その日の予定によりブログPCの場所とキットや撮影場所のある場所が別々になる時があり、結構輸送がネックとなります。多分明日・明後日にはキットを運べるので、近いうちに94式6輪自動貨車と共に掲載しますです。

 それではSHSに向けてまだまだ頑張りますよ〜

 

 

 
 
posted by レンタルギャラリーQUADRO at 16:31| Comment(6) | 店長の店番日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
例会では素晴らしい作品を見せて頂きありがとうございましたm(__)m

改めてキットの巨大さを実感しました(^^)

自分の小さな作業机ではあちこちぶつけて大破しちゃいますよ〜f(^^;♪
Posted by Mighty O at 2015年04月28日 06:27
完成形を見たあとに、こちらをはいけんさせていただくと、「ふむふむ」と段取りや処理が大変わかりやすくて勉強になりますね♪
94式のほーも期待してますよ。ホイールナッツの○田大将に、「場所空けとけよ!」とメールしておきます♪
Posted by フランクパパ at 2015年04月28日 19:39
mighty o 様

例会お疲れ様でした。ナバロンの要塞、素晴らしいですね。これさ静岡でも注目間違いなしです!

仰る通り、1/32現用は取り回しに要注意ですw実は私も何度かノーズやパイロンを破壊しました。32は大戦機が丁度良いかもしれませんね。

初の静岡、存分に楽しんで下さいね!


Posted by ストーンワーゲン at 2015年04月28日 20:04
フランクパパ様

毎回のコメント&毎年の静岡準備、重ねてありがとうございますm(__)m

94式6輪自動貨車も順調に進んでおります。早ければ明日の晩には塗装に入れそうです。ただ荷台に何を積むか悩んでおります。旧軍らしい積荷って、既製品だと殆どないですよね。空荷はやだなぁ〜 うーむ。
Posted by ストーンワーゲン at 2015年04月28日 20:11
>何を積むか悩んでおります
米俵と自転車ってのはどーでしょうか?(笑)
Posted by フランクパパ at 2015年05月01日 15:01
フランクパパ様

ナイスアィデイアありがとうございます。米俵良いですね〜。エポパテで何とかなりそうかな?? 自転車もドイツ軍用をそれらしく作れば行けそうな気がします。あとはミニチュアパークで1/35の茶箱を売ってました。手に入れればこれも積みたいですw
Posted by ストーンワーゲン at 2015年05月01日 17:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: